その後の利用も考える

学校を卒業したあとや、文化祭などのクラスTシャツ制作イベントが終わったあと、その作成したクラスTシャツはどうなると思いますか。そのまままったく着用しないで、数年後に廃棄してしまう方もいらっしゃると思いますが、意外に着用するという方もいらっしゃいます。

Tシャツもちろんデザインの関係から、外出時に着用する方は少数派になるかと思いますが、部屋着として愛用する方は多くいらっしゃいますので、長期間思い出と一緒に愛用してもらうことを考えながら制作したほうが良いでしょう

そこで重要になるのが男女間の差別化です。クラスTシャツのデザイン自体を変更する必要はありませんが、色合いは男女で変えてみても好印象を得られるのではないでしょうか。クラスTシャツの色が全員統一してあっても団結力が見込めますが、その後の利用を考えるとピンク色のTシャツで統一すると男性には利用してもらえない可能性が高くなってしまいます。

男女は関係なく着こなせる色合いにするか、もしくは男女によって色合いを変えるようにすれば長期間利用してもらえる、理想的なクラスTシャツができあがりますので、ぜひ色合いを意識してオリジナルTシャツの制作に取り組んでみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

文化祭が鉄板

高校生の方がクラスTシャツを作ることが多くなると思いますが、もっともオリジナルTシャツを作るタイミングとして挙げられるのが文化祭ではないでしょうか。体育祭でも一致団結するために制作するクラスがございますが、他校の生徒や保護者の方なども来校することからクラスでお揃いのTシャツを着て招きたいと考える傾向にあると思います。

文化祭文化祭でオリジナルTシャツを着る際には、そのデザインにもっとも注視したいことでしょう。なるべくオシャレで特別感のあるクラス用のオリジナルTシャツを制作することができれば、他のクラスから羨望の眼差しを受けることができますし、多くの方が行き来する文化祭でも目立った存在として注目を集めることができると思います。

また、団結力を高めるという目的意識があることも忘れてはいけません。クラス全員分のTシャツが必要なのはもちろんのこと、クラスメイト全員分の名前が記載されているTシャツのデザインにしたり、多くのクラスメイトからデザインや着心地の感想を募ることによって、企画立案した人の感性に偏ったTシャツができ上がることもなくなり、クラスの団結力向上に繋がることでしょう。制作することが目的なのではなく、作ったことにより生まれる効果を想定して考えると理想的なクラスTシャツが完成するのではないでしょうか。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

クラス用オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを制作すると聞くと、大掛かりなイベントを連想されると思いますが、学校の文化祭や体育祭でも多くのクラスがオリジナルTシャツを制作して、クラスの団結力を高めようと考えています。

Tシャツ特に高校生の方は同じクラスになった人たちと自分たちの出し物を盛り上げるのに加えて、個性的であったりオシャレなクラスTシャツを作ったりすることに重点を置いていることも多いのではないでしょうか。同じデザインのTシャツに身を包めばそれだけでクラス全体が一致団結しているように感じられますので、文化祭や体育祭を盛り上げるのには大いに効果的だと言えるでしょう

また、クラスTシャツを制作する際にはその後の用途にもしっかりと意識を向けたほうが良いでしょう。一人一人が負担しなくてはいけない金額は決して高い金額ではありませんが、それでもオリジナルTシャツ作成に向けて掛けた手間と時間は相応の物だと思いますので、できる限り長期的に着用してもらえるような配慮をした方が、せっかく作ったオリジナルTシャツが一度きりしか着てもらえないことにもなりかねません。

こちらでクラスTシャツを制作するタイミングに触れると共に、制作したクラスTシャツを長期的に利用してもらうために気を付けたいことに関してお伝えいたします。オリジナルTシャツを作ることを目的とするのではなく、しっかりとその先について考えながらオリジナリティ溢れるTシャツを作成してみてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket